印刷に関する豆知識を書いているブログです

印刷の原理について

投稿日時:2014-02-26 22:00

印刷と言うものには一般的版と言うものが必要になります。版は原版であり、これは刷版と呼ばれる物を制作する事になるわけです。また、この刷版にインキをつけ、それを紙に転写すると言うのが印刷における原理です。

しかしながら、印刷と言ってもその手法は様々です。刷版の形状で分類すると、平版、凸版、凹版、孔版などの種類が有ります。平版と言うのは、平らな版にインキをつけ、紙に転写を行う手法で、凸版は版の印字面が凸になっており、この凸部分にインキをつけ紙に転写を行う手法です。

一方、凹版と言うのは凸版の逆で、印字されている部分がへこんでおり、そこにインキを充填させ、紙に印字を行うと言う手法になります。

また、版を使わない手法として存在している方法に、オンデマンド印刷と呼ばれる手法があります。この方法は、パソコンでページレイアウトを作成し、専用の機械を使って印字を行うと言う方法です。これはパソコンと専用のプリンタでもある印刷機を使った手法であり、版を制作しないことからもコストを抑えることが出来ると言ったメリットが有ります。

広告
BACK TO TOP